101willの特長

データ加工エンジンにOracleデータベースを利用。高速、堅牢、高信頼性、高移植性を実現

ノンプログラミングでのシステム構築を実現

  • 完成されたコンポーネントとそれらの組み合わせ
  • ツールによる定義からSQL、PL/SQL、シェル、バッチファイルを自動生成
  • 大幅な開発生産性の向上(例.COBOLプログラム開発工数の5倍の実績)

仕様書とプログラムロジックの完全同期

Microsoft Excelをユーザーインターフェースに利用し使いやすさを実現

ユーザーが作成したビジネス・ロジックを容易に統合

Windows、Unix、LINUXなどマルチプラットフォーム対応

101willのメリット

業務を知っている人がシステム開発できる

  • 業務を熟知した人が処理ロジックを定義・設定していく
     ・システム要件等にあわせ業務担当者のプログラム実装が可能
     ・業務委託を最小限に抑えシステム開発コストを削減

ノンプログラミングで早く正確な開発

  • GUI(Microsoft Excel)により簡単に定義
  • 処理ロジックは自動生成されるので設計/開発~テストが簡単
  • 短期での開発が可能
  • 完成されたコンポーネントを利用するので高品質

なぜ?101willがコスト削減に有効なのか?

従来型のバッチ処理システムと101willを利用したシステム構築を「人と技術」の視点で、比較してみましょう。

101will:人と技術の視点で比較
101will:運用ユーザーのコスト削減例