人事評価面談でモチベーションをあげさせるためには?ポイントとなる言葉も紹介!

人事評価面談

人事評価面談を行う際に、どのように面談を進めたり、どういったフレーズを使用すればモチベーションをあげて次の目標に取り組んでもらえるのか悩んだ経験はありませんか。

この記事では、人事評価面談の進め方や、評価を行う際に使用できるフレーズを紹介いたします。もし人事評価面談の進め方やフレーズの使い方に悩んでいる人がいたらその悩みを解決できるかもしれません。

人事評価面談とは

人事評価面談とは、人事評価における目標や評価を面談者に伝え、昇給や等級などを決定する面談のことです。しかし、面談者に伝えるだけなのであれば書面で問題ありません。わざわざ面談を行うということは、人事評価面談を通して、社員のモチベーションをあげたり組織活性化を行うための重要な役割を担っているのです。

面談を通して社員のモチベーションをあげることができる反面、進め方次第ではやる気を下げてしまう可能性もあります。そのため、人事評価面談を行う人の知識や、普段から信頼関係を築けているかなどが重要になってきます。

では、どのようにすればモチベーションをあげる人事評価面談ができるのでしょうか。

 

 

人事評価面談でモチベーションを上げるためには

人事評価面談で、面談者のモチベーションをあげるためには、日ごろからコミュニケーションをとっておく必要があります。

仕事上の関係とはいえ、人と人の会話です。そのため、日ごとから声をかけることによって信頼感は上がりますし、面談の際にアドバイス等を行っても受け入れやすくなります。

具体的に2つのことに気を付けましょう。

  • 相手の話を最後まで聞く
  • 目標達成のためのサポートを全力で行う

こう書くと当たり前のように感じてしまうかもしれませんが、人を評価する立場になるとつい怠ってしまうことでもあります。

相手の話を最後まで聞く

質問をされたときや、相談をされた時など、経験豊富であればあるほど最後まで話を聞かなくても全体像を把握できてしまいますよね。

仕事をっす埋めるうえで、迅速かつ的確な回答をおこなうことはもちろん大切ですが、相手の話を最後まで聞くという「受容の姿勢」を持つことが上の立場の人には必要になってくるスキルです。

本人が納得するまで話に耳を傾けることが「この人は私の話を聞いてくれているんだ」というきもちになり、信頼関係を築くことができます。

そうすることによって社内に居場所をつくり、もっと会社に貢献したいと思えるようになるのです。

目標達成のためのサポートを全力で行う

仕事というのは一人でできるものではありませんから、周りの行動や成長を促せるような人物であれば人事評価面談でもスムーズに意見を聞き入れてもらえるのではないでしょうか。

常日頃からコミュニケーションをとることを心がけることはもちろん、業務中のサポートやアドバイスを欠かさなければ人事評価面談も気負わず行えるはずです。

人事評価面談の進め方

人事評価面談は以下のような流れで進めるとスムーズにいくでしょう。

  1. 雑談
  2. これまでの成果をほめる
  3. 評価について数値を見たうえで、客観的に伝える
  4. 評価について質問を受け付ける
  5. 改善方法やさらにレベルアップするための方法を考える
  6. 次の目標を決め、双方齟齬がないかを確認する

面談をする側もされる側もある程度緊張しているはずです。そのため、雑談からまず入り、結果を認めるというところから入りましょう。

また、評価については相手が納得するまで丁寧に説明することを心がけましょう。

評価を行う立場であっても、評価される側の目線に立ち、一緒に考えたり悩んだりすることが大切です。時間をかけることで、評価される人も目標に対してよりコミットしようと感じることができるでしょう。

面談時に使うとよいフレーズ

面談時に必ず入れたいキーフレーズは4つです。

  • 前回より〇〇がよくなったし、成果が出ているね
  • この課題はどのようにしたら改善できると思う?
  • 一緒に考えよう
  • 〇〇のいいところやほかの人にはないところは○○だよ

このように、認められている・寄り添ってくれていると思ってもらえることがとても大切なのです。

人事評価面談の時間をしっかりとろう

人事評価は給与や待遇を決定する重要なものです。そのため、敏感になっている人も多いです。

日ごろのコミュニケーションやキーフレーズを活用し、面談ではモチベーションをあげられるような時間を過ごせるようにしましょう。

人事評価の作業でなかなか時間が取れない…なんてかたにはスキルナビがおすすめです。

スキルナビでは、人事評価の手間を省くだけではなく、目標管理や複雑なデータ分析まで行えます。この機会にぜひスキルナビの導入をご検討ください!