コラム

人事関連でお役に立つ情報を掲載しています。ぜひご活用ください。

  1. トップ
  2. コラム
  3. 製造業
  4. 製造業のリアルを徹底解析!正社員を目指す際の注意点や向いている人の特徴を紹介

製造業のリアルを徹底解析!正社員を目指す際の注意点や向いている人の特徴を紹介

「製造業」は食品や医薬品、各種機械や部品など、さまざまな業界で必要とされる製品づくりを担っています。

製造業の業務内容は一言で表せず、業種も業務内容も多岐にわたります。今回は、具体的な業務内容と製造業界に向いている人、正社員を目指す際の注意点などを解説します。

製造業の仕事内容とは

大きく4つに分けられます。

仕分け・梱包

製造業における上流工程にある「仕分け」と下流工程にある「梱包」は、製造業の重要な仕事の1つです。

「仕分け」は、ある製品をつくるために必要な部品や材料を種類ごとに分類することです。工場に届いた素材を決められた収納場所に移す作業や、製造現場に運んでモノづくりを始める準備を行います。

「梱包」は、工場で製造した製品を出荷できる状態に整える仕事です。決められた個数の製品をダンボールに詰めたり、製品に傷などの不備がないか確認したりしながら梱包作業を実施するので、製品の品質をチェックする重要なポジションだといえます。

仕分けも梱包も、ミスや見逃しが会社の信頼損失につながるため、正確性と慎重さが求められます。

組み立て・加工

部品を組み合わせて製品をつくり上げる「組み立て」や、金属を削って製品に仕上げる「加工」も重要な業務です。

加工の範囲は幅広く、金属を薄くのばしたり折り曲げたりする加工や、食肉を切る作業、スーパーで販売するサラダの盛り付けなども加工に含まれます。

点検

「点検」は、工場内の安全を守り、工場内で働く人が怪我なく業務に集中するために重要です。製造過程で使用する機械や設備が正常に作動するか、部品の故障や不具合がないかなどを定期的にチェックする仕事です。

チェックするのは使用する機械そのものだけでなく、工場内の作業環境も含まれます。例えば、有毒ガスが発生する製造工程であれば十分に換気されているか、怪我のリスクが高い機械を扱う場合は周囲に人がいない環境であるかなどが確認されます。

品質管理

製造した製品の品質を担保し、企業としての信頼を失わないために重要なのが「品質管理」の仕事です。工場内で製造した製品1つ1つを目視や検査器を用いて、異常がないか確認します。

安全で安心して利用できる製品を市場に届けるためには、品質管理の仕事が欠かせません。万が一製品に不備があれば会社の信用問題に発展するため、多くの企業が数回にわたって繰り返し品質管理チェックを実施しています。

製造業の平均年収

製造業の平均年収はどのくらいなのでしょうか。製造業と一口に言っても、業種や扱う商品、参入業界によって収入は異なるので、平均年収には差が生まれます。

求人サイトに掲載されている求人情報によれば、金属加工を行う製造業に従事した場合の年収は365万円ほどであり、食品加工に携わる製造業であれば年収は376万円ほどです。

製造業の年収は、他業種も含めた日本全体の平均年収である461万円よりも低い傾向にあります。しかし、製造業の中でも実際に加工業務を担う現場作業員ではなく、工場全体の管理を行う生産管理責任者などの仕事に就けば、日本の平均年収と同等もしくはそれ以上の年収が期待できます。

生産管理の仕事は、製品の販売計画や進捗管理、在庫を最小限にするためにどの製品をいつ何個製造するかなどのスケジュールを立案するため、工場全体の経営状況を左右する立場です。製造職を経験した人がキャリアアップして生産管理職に就く場合が多いので、上位職を目指すならまずは工場での製造職に就業すると良いでしょう。

製造業のやりがい

製造業独自のやりがいを3つ紹介します。

製造業のやりがいについて詳しい記事はこちら↓

  • 自分の仕事が目に見える

製造業は自分が製造に携わった製品が実際に市場に流通して使用されている姿を確認できるため、「人のためになる仕事をしている」という実感を得やすいといえます。

例えば、自動車部品を製造している人なら道路を走る自動車を見て自分が製造したパーツが役立っていると感じられます。また、自分が製造加工したパンが店頭に並び、消費者が購入している姿を見て喜びを感じることもあるでしょう。

  • 成長が分かりやすい

製造業の仕事は「単純作業でつまらない」というイメージを抱いている人が少なくありません。しかし、日々の業務内容が大きく変わらないからこそ、自分がどれだけ成長したかが分かりやすいのが製造業です。

例えば、1時間あたりの製造個数が昨日よりも1個増えたことや、不良品として製品化できないパーツを先週よりも少なくできた、といった成果が目に見えやすいのです。

  • 満了慰労金を受け取れる場合がある

期間工と呼ばれる働き方の場合、満了慰労金を受け取れます。満了慰労金とは、一定の条件を満たして定められた任期を満了した場合に支給される報奨金です。

正社員におけるボーナスのようなイメージで、数十万円以上の満了慰労金を受け取ることができるためモチベーションアップにつながります。

製造業のメリット&デメリット

メリットとデメリットを紹介します。

製造の仕事に就くメリット

メリットは2つです。

  • 貯金しやすい

製造を行う工場などは、外部への騒音や排気ガスの影響を防ぐため市街地から離れた場所や製品を出荷しやすい海沿いなどに建設される傾向があります。そのため、多くの製造業者は工場で勤務する人が通勤しやすいように、格安の従業員寮や食堂を用意しています。

こうした福利厚生を利用すれば、一般的な生活費よりも大幅に少ない生活費で暮らすことができるのでお金が貯まりやすいでしょう。

  • プライベートが充実する

製造業界は年間休日が多い企業が多いので、プライベートの時間をしっかり持つことができます。

ただし、24時間365日稼働している工場の場合は、工場に勤務する全員が一斉に休む事はありません。ほとんどの場合、シフトを組んで交代制勤務を行っています。シフトを組むと事前に自分の休日が分かるので予定が立てやすくなり、プライベートを楽しめるでしょう。

製造の仕事に就くデメリット

デメリットは2つです。

  • 怪我のリスクがある

製造業では、金属を加工するために鋭くとがった機械や誤って指を挟めば折れてしまうほどの重量をかけるプレス機などを扱います。たとえ安全性に配慮した環境整備やマニュアル整備が行われていても、ちょっとした気の緩みが原因で大きな怪我を負う可能性はゼロではないのです。

怪我というほどではなくても、薬品を扱う製造業であれば手荒れがひどくなるケースもあります。

  • 生活リズムが乱れる

工場を24時間稼働させる場合、日勤と夜勤に分かれて製造を行います。ある日は日勤、その翌日は夜勤というシフトを組んで勤務する場合、生活リズムが整わず慣れるまでは苦労するかもしれません。

生活リズムが不規則になるのを避けたい場合、交代制ではない勤務形態の求人を探しましょう。

製造業に向いている人とは?

製造業に向いている人の特徴を3つ紹介します。

  • コツコツ作業できる人

製造業は単純作業がほとんどです。毎日同じような作業の繰り返しは、人によっては「単調でつまらない」と感じられるでしょう。その反面、同じ作業でも飽きずに続けられる人やルーティンワークが苦にならない人は製造業に向いています。

  • お金を貯めたい人

製造業は、従業員寮などを活用することで生活費を安価に抑えやすいため、効率的に貯金して、趣味や習い事にお金を使いたい人に向いています。年間休日の多さを利用して国内外の旅行を楽しむこともできるでしょう。

  • 自由なファッションを楽しみたい人

接客業などにおいて、「髪色は黒色のみ」と就業規定で定められている場合があります。しかし、製造業ではそうした身だしなみに関する規定がほとんどありません。そのため、好きな髪色を楽しみつつ、個性的な服装で通勤することができます。

製造業に向いていない人とは?

製造業に向いていない人はどんな特徴があるのでしょうか。3つ紹介します。

  • 人と話すことが好きな人

製造職は工場内の要所に配置され製造ラインから目を離せないため、基本的に同僚と離れた場所でもくもくと作業することになります。そのため、休憩時を除いて人と話す機会が殆どありません。コミュニケーションを取りながら仕事をしたい人は製造業には向いていないといえます。

  • 「マニュアル通り」が苦手な人

決められた物事を決められた順序で行うよりも、柔軟に変更を加えたいという人は製造業よりも営業などが向いています。例えば、「こうした方が速いから」とマニュアル通りの手順を踏まずに作業することで、機械の故障を招いて製造ラインに大きな遅れを生じさせる可能性があります。

  • 体力に自信がない人

製造業は基本的に立ち仕事である上、重さのある部品を運んだり機械を操作したりするため、基礎体力が必要とされます。体力がない人が製造業に就くなら、作業内容をよく確認した上で就業すると良いでしょう。

製造職に活かせる資格・スキル・経験

製造職に活かせる資格・スキル・経験を紹介します。

  • 製造業に活かせる資格

比較的簡単に取得できる資格の中でおすすめなのは、「アーク溶接作業者」です。金属同士を溶接する技術を身につけられるので、金属加工を行う製造会社で活躍できます。「アーク溶接作業者」は21時間の講習受講だけで取得できる簡単さが魅力です。

品質管理をしたい人におすすめできる資格は「QC検定」です。1〜4級まであり、品質管理業務において採用率アップに役立つほか、3級以上の場合には資格手当を支給している企業が少なくありません。

製造業全般で活かしやすい資格としては、国家資格である「技術士」の取得がおすすめです。製造業の企業の3割が資格取得を推奨しているので採用されやすくなるでしょう。技術士資格を持っている人は、製造業の中でも年収が高い傾向にあります。

  • 製造業に活かせるスキル・経験

立ち仕事が多い製造業では体力は多い方が良いでしょう。そうした意味で、同じく立ち仕事の多い飲食業経験者や接客業経験者は製造業界で歓迎されやすいといえます。

また、製造業は小さなミスが大きな事故につながる可能性があるため、注意力が高い人材が求められています。細かな作業の多い事務職や1円単位で数字を管理する経理などの経験は製造業で活きるでしょう。

製造業に従事する方の仕事の満足/不満足調査

実際に製造業に就いた人の声を紹介します。

満足と答えた方の意見

製造業に従事する人を対象に行われた調査では、36%の人が現在従事している業務内容に「満足である」と回答しています。

例えば、20代女性から「社内の雰囲気が良く未経験からでも安心して仕事に集中できた」という声や、30代の女性から「休日をしっかり取れるので子どもの学校行事も出席できている」という声があがっています。

また、30代男性からは「ものづくりという好きなことを仕事にできているので満足」「人間関係がわずらわしくなく残業もないところが良い」といった声もありました。

その他、「社食が安い」「寮が職場から近く通いやすい」「定時で帰れる」など、福利厚生面で満足感を得ている人が多く見られました。

不満足と答えた方の意見

製造業に従事する人を対象に行われた調査で、現在の仕事内容に「不満足」と回答した人は半数以上の51%にものぼりました。

具体的には、30~40代男性から「正規雇用でないと給料が安い」「勤務時間が長すぎる」「現場と経営陣の考え方が違うので指揮系統がバラバラ」といった不満の声があげられました。

また、「同僚とのコミュニケーションの機会がなく刺激がない」「同じ作業ばかりでやりがいが感じられない」「スキルが身につかない」など、職場環境や仕事内容に対する不満を抱く人がいることが分かりました。

勤め始める前後の製造職のイメージ変化調査

製造業に従事する100人を対象に行われた調査の結果を紹介します。ある調査において製造業へのイメージは、勤め始める前後で「変わった」と回答した人が半数の51%、「変わらない」と答えた人は49%という結果でした。

ポジティブ寄りの意見

製造業へのイメージが勤め始める前後で「変わった」と回答した人のうち、ポジティブな意見を紹介します。

製造業では同僚とのコミュニケーションが少なく孤独な時間が多くなりがちですが、その点をポジティブにとらえて「対人関係に気を遣わなくて良いので楽」や「担当業務が明確になるのでやりやすい」といった意見がありました。

また、製造職の経験者から生産管理者などへキャリアアップする人が多いことから、「実力者が昇進できるのでやりがいがある」「ただの単純作業ではなく工夫次第で生産性を高められるので考える力が身につく」など、キャリアやスキルアップに関するポジティブな意見がありました。

ネガティブ寄りの意見

製造業へのイメージが勤め始める前後で「変わった」と回答した人のうち、ネガティブな意見はどのような内容でしょうか。

製造業は単純作業の繰り返しというイメージが強いことから、実際に就業してみて「思ったより仕事が多く、思考力が必要だった」というギャップを抱く人がいたようです。

また、就業中は人との関わりが少ないからこそ休憩時などのコミュニケーションが重視される傾向にあり、「人間関係がわずらわしい」「上下関係が厳しくストレスがたまる」といった意見もありました。

工場勤務が楽と言われる理由

6つの理由が挙げられます。

会話をしなくても仕事ができる

工場で製造職に就く場合、基本的に製造ラインのどこかで任せられた仕事をもくもくとこなすことになります。製造職の仕事内容は機械のオペレーションや部品の運搬など、1人でも完結する業務がほとんどであるため、同僚と会話することなく仕事を進められます。

人とのコミュニケーションが苦手な人や、必要以上に仲を深めたくないと考える人にとって、会話する機会の少ない製造業は嬉しいポイントでしょう。

毎日決められたことをやればいい

作業内容が変わらず、決められた手順通りに作業することが求められる製造業は、毎日決められたことをやっていれば良いので自分で考えて行動する必要がほとんどありません。

「マニュアルや指示書に沿って作業するだけで良い」という安心感があるので、過度なプレッシャーがかかりにくいといえます。

残業がほぼない

工場勤務は残業がほぼないために、ワーク・ライフ・バランスを実現しやすい点も、工場勤務が楽だとされる理由の1つです。これは、1つの製品を製造するために複数の従業員が必要であり誰か1人だけ残業しても製品を生み出せないためです。

24時間稼働している工場の場合はシフト制を取っているところが多く、就業時間が明確に決められています。そのためより残業することなくプライベートを楽しみやすくなるのです。

学歴や経験に関係なく就職・昇格できる

マニュアルに従って作業するだけ、1度手順を覚えれば同じ作業を繰り返すだけという特徴のある製造業には、特別なスキルや知識、学歴は必要ありません。やる気や工夫次第で、誰でも就職可能な業界であると同時に、誰でも昇格できるのです。

真面目に決められたことをこなせる人なら経歴に関係なく製造業に挑戦できるでしょう。

作業内容に対して年収が高い

工場勤務の作業内容は単純作業やルーティンワークが多く、高い思考力を求められることがありません。比較的簡単な作業内容の割に、年収はその他の業種よりも高いといえます。

危険物を取り扱うことの多い工場においては、安全性を確保するためにさまざまな資格取得が推奨されています。特定の資格は資格手当が支給される場合があるので、スキルアップによってより高い年収が期待できるでしょう。

大手企業同等の福利厚生が受けられる場合もある

日本は世界的に認められているものづくり産業の国であり、日本国内には製造業の大手メーカーの工場が多く存在します。そのため、大手メーカーに就業した場合には、たとえ管理職でなくても手厚い福利厚生を受けることができるでしょう。

福利厚生の内容は、格安の社食や光熱費等の負担がない寮など、企業によって異なります。

工場勤務がきついと言われる理由

理由は6つあります。

肉体労働がきつい

工場内で扱う部品や機械は重量物が多く腰に負担がかかったり、工場内の空調が行き届かず暑い中作業したりするため、「肉体労働がきつい」と感じる人が少なくありません。

就業先を選ぶ際は、作業内容だけでなく職場環境が自分の体力と見合っているかを確認することが大切です。

ミスが許されない環境

工場では流れ作業で1つの製品をつくるため、ミスをするとその後の製造工程に遅れが出ます。小さなミスが工場全体に影響することがあるためプレッシャーが大きく、精神的な負担を感じる人がいるでしょう。

シフトによっては生活リズムが乱れる

24時間稼働している工場では、作業を止めないために日勤と夜勤のシフトを組んで交代制勤務を実施しているところが多くあります。シフト制で日中の勤務と夜間の勤務を交互に繰り返す働き方をする場合、生活リズムが整わず「きつい」と感じるかもしれません。

同じ仕事しかできない

工場での単純作業の繰り返しを経て、毎日同じ仕事しかできないことに精神的な苦痛を感じることがあるでしょう。考える必要がなく気楽な仕事である反面、自分の成長を感じにくい点がデメリットだといえます。

職場環境が悪いという声も多い

工場は、扱う機械や製造する製品によって職場環境が悪いと感じる場合があります。通常のオフィスであれば空調の効いた部屋で座って業務に集中できますが、大きな工場では広い空間全体に空調が行き届かないことがあるのです。

人間関係が構築しにくい

工場内では人と話す機会が少ないので人間関係が構築しにくいといえます。人間関係の構築が不十分だと、相談や質問をしにくい雰囲気を感じて悩みを1人で抱えてしまいかねません。コミュニケーションを取りながら仕事をしたい人にとってはきついと感じられるでしょう。

正社員として工場勤務を目指す時の注意点

正社員として工場勤務を目指す場合、どのようなことに気をつけると良いのでしょうか。後悔することなく製造業に就くために3つのことに注意しましょう。

  • 自分の適性をチェックする

正社員として勤務するのであれば、その仕事を長く続けられるか、自分の性格に合っている仕事内容かを事前に確認するようにしましょう。「工場勤務は楽そう」「残業したくない」といった理由だけで工場勤務を選んでは後悔するかもしれません。

単純作業が苦にならないか、肉体労働に耐えられる体力があるかなど、自己分析しておくことが重要です。

  • 希望の就業条件かチェックする

工場は24時間稼働かなどによって勤務形態が変わります。シフト制の有無や夜勤があるか、年間休日はどのくらいなのかなど、さまざまな要素を確認しながら自分が無理なく働ける条件の求人を探すと良いでしょう。

  • 会社の将来性を確認しておく

ものづくり大国である日本にある製造業のメーカーは、零細企業から大企業まで幅広くあります。就業先を選ぶ際は、会社の経営状況や将来性を確認しておくと良いでしょう。会社の社風や職場環境を知るために、会社の口コミ情報を検索することもおすすめです。

製造業で正社員を目指す場合、まず特徴を理解することが大切

製造業の仕事内容はさまざまあり、特別なスキルや知識が必要ないので誰でも正社員としてキャリアをスタートさせることができます。しかし、就業のハードルが低い分、単純作業や肉体労働が苦になったり、自分の成長を実感しにくい場合があったりするので注意が必要です。

正社員として就業先を選ぶ場合は、会社の将来性や職場環境、自分の適性などを事前に確認しておき、後悔しない選択をするようにしましょう。